2009-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

日本オーストリア交流年

今年は、オーストリアと修好通商航海条約を締結して、140年目の年です。芸術、観光、経済と色々な面で両国間の交流イベントが開催されるようです。140年前というと、日本は明治2年。オーストリアは皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇妃エリザベートの下「オーストリア・ハンガリー二重帝国」時代です。ヨーロッパ随一の美妃といわれたエリザベートの肖像画が日本にやってきます。9月25日から、国立新美術館で開催される「THEハプスブルク」展で見ることが出来ます。ハプスブルク家ゆかりの名品を中心に約120点という大規模な美術展だそうです。今年の初めから楽しみにしていた美術展の一つなので、開催まで一ヶ月をきり、私の中ではかなり盛り上がってきました。予習の為に、ハプスブルク家関係の本を読んでいます。
     20080421024817.jpg  090830_011802.jpg

別冊歴史読本から「THEハプスブルク王家 華麗なる王朝の700年史 」が発売中です。絵や写真が多いので理解度が深まります。表紙の少女はマリア・テレジア。利発そうですよね。すでに王者の風格が漂っていて、娘マリー・アントワネットとの格の違いを感じさせます。
スポンサーサイト
entry_header

ジンジャーティー

朝晩は涼しい風が吹くようになりましたが、日中はまだまだ暑いです。クーラーをつけないで過ごせるといいんでしょうが、暑いとついつけてしまいます。特に会社で。窓を開ければ風が通り抜けるならいいんでしょうが、入ってくるのは隣のマンションの室外機が出す熱風ばかり。結局、一日中クーラーがはいった部屋で過ごすことになります。で、気付くと体中が冷え切っていて、直接風が当たってしまう腕などは、痛いくらい。ちょっと温まりたくなったら、席を立って食堂へ。ティーバッグを使って、手早く紅茶をいれます。蓋付きマグを使っているので、きちんと蒸らすこともできます。出来上がったら、黒糖少々と生姜をたっぷり入れて。席に戻ってスプーンでかき混ぜながら飲みます。生姜のピリッとした辛味で、喉のあたりがカッとなりますが、飲んでいるうちに身体の芯のあたりが、ほんわかしてきます。
自宅ならば、生の生姜を切ったり、おろしたりとできますが、職場ではなかなか。手ごろに使えるのは、チューブに入ったおろし生姜。ただし、冷蔵庫に保存しないといけないので、無理なようでしたら、ドライジンジャーや粉末のものも。

          090830_001432.jpg

今、愛用しているのは、粉末タイプです。粉末は、舌触りが悪くなるのが難点ですが、これは粒子が細かいので気になりません。可愛い容器に詰め替えて、バッグに忍ばせています。
entry_header

休日のサロン その2

サロンは21日までお休みですが、私の短い夏休みは終わり、今日から仕事です。カレンダーを見ると、八月も半分終わってしまいました。ついこの間一年も半分過ぎたねなんて話していたのに、あと四ヶ月ちょっとで今年も終わり!?早過ぎます。だいたい決まったパターンで進んでいく日々の生活。仕事も一ヶ月のスケジュールはほぼ固定。ほとんど変化のない毎日。一週間が長く感じられるような日常ですが、実際は、えっ、もう週末なのという具合です。退屈だろうが、楽しかろうが、時間はどんどん過ぎていくんですね。休み明けということもあり、慌しくていつも以上に時間に追われてしまいました。昨日の午後は、サロンを独り占めして優雅にお茶を飲んでいたのに。
サロンの中にも好きな場所というのがあります。自分の好きなキャビネットの前とか、座る位置であったり。多分、スタッフそれぞれが、「ここ!」という場所があるはずです。私にとっての一番の場所は、サロンの一番奥、半円形のスペースです。

      090816_163727.jpg 090816_163300.jpg

「あそこに小さなテーブルを置いて、本を読みながらお茶ができたらなぁ~」と、一人妄想にふけることがよくあります。その、小さな夢を実現するにはもってこいの日というわけで、テーブルなどを移動させて午後のティータイムを楽しみました。ケーキを食べつつ、本を読み、時々目を上げて周りのキャビネットを眺める。静かで、安らぎお茶の時間。のんびり小一時間ほど過ごしました。
次はどんな事をしようかしらと、既に妄想が広がりつつあります。

entry_header

休日のサロン

お休み中のサロンには、何回かスタッフが顔を出します。植木の水遣りと空気の入れ替えをするため。今日は私が行ってきました。お掃除なども、ササッとします。するべき事は、いつも以上に手早く行います。用事が済んだら直ぐに帰るなんて事はしません。毎週出入りをしていても、ゆっくり寛げる時間はありません。こんな貴重な時間を堪能しないわけにはいきません。紅茶はたっぷりあるし、お気に入りの食器もあります。空間も申し分なし。お湯を沸かしながらパンとサラダを盛り付けて、ランチタイム。

     090816_135034.jpg

お腹が落ち着いたら、再びお湯を沸かしてテイスティングの準備。お休み前に、ダージリンセカンドフラッシュの第二便タルボ茶園が到着したんです。飲んでいいよと言われていたので、第一便キャッスルトン茶園と飲み比べをしました。

     090816_145452.jpg090816_153954.jpg090816_153856.jpg

カップの写真上がタルボ茶園で、下がキャッスルトン茶園です。茶殻は、左がタルボ茶園。右がキャッスルトン茶園。比べて見ると、タルボ茶園の方が、軽やかなお味、香りです。水色はキャッスルトン茶園の方が、赤みを強く感じました。時間を置いて、何度か繰り返し比べてみましたが、香りの継続力は、キャッスルトン茶園が強かったです。同じセカンドフラッシュですが、タイプが違うので皆さんも飲み比べてみてください。休み明けから販売になります。


entry_header

無意識に

午前中は雲が多かったですが、お昼ごろから太陽がおもいっきり存在感をあらわしてくれました。少しだけでも干そうと思い、急いでお布団を干したら額に玉のような汗をかきました。その汗を拭きつつ、お昼ご飯の準備。火を使うのでまたまた汗が。一日に何度も着替えたい、シャワーを浴びたいという状態になります。
もう一つ一日に何度もしたくなるのが、紅茶を飲むこと。一息つきたい時、ひと段落ついた時、紅茶を淹れるために、台所に立っています。

        090815_150844.jpg  090815_163948.jpg

甘い物は欲しいけど食べたくないという我儘な気分だったので、紅茶に甘味を付けました。お砂糖はシンプルにグラニュー糖。お砂糖もいろいろな種類があり、味もそれぞれ。紅茶との相性を追求するのも楽しいですよ。興味がある方は、アドバンスドクラスの「紅茶と砂糖」のレッスンへどうぞ。
そして、またまた涼しげな色合いのカップを選んでいました。テーブルに敷いたクロスの刺繍も、淡い水色の糸です。夕方にアイスティーを飲んだ時も、レースのコースターを敷いて。目からだけでも涼を得ようと、無意識に選んでしまいます。
entry_header

涼しげなカップ

あまり言いたくないですが、暑いです。じっとしていても汗をかきます。喉も渇きます。作り置きの水出し紅茶も、すぐに無くなってしまいます。
どのカップを使うかを決めるのは、お湯を沸かしている時。紅茶+スイーツ+気分で決めます。決まらない時は、お茶がはいってもまだ悩んでいますが、今夜は直ぐに決定しました。

      090815_054119.jpg 見た目が涼しそうなこのカップ

光物好きなので、金彩が大好きですが、暑苦しい感じがして、避けてしまいます。この銀彩とブルーのクールな配色は、蒸し暑い夜を爽やかにしてくれそうです。季節によって、使いたい物、飲食したいものが変わりますよね。紅茶も夏は断然スッキリ系のお味を飲むことが多くなります。それに合わせて持ち物が多くなってしまいますが、四季のある国に生まれたからこその、ちょっとした楽しみですね。
entry_header

夏休み

サロンが夏休みにはいりましたが、私も今日から16日まで、会社の夏休みです。土日を入れて4日間と短いのですが、何をしようかな~と、多少楽しみにはしていました。が、私以外の家族が風邪をひいてしまいました。激しく咳をしています。うつされたくないので、家に居たくないのですがそうもいかないですよね。なるべく離れて、紅茶を飲みつつ家事をしてます。
午後のおやつに、ニルギリのアイスティーをいれました。お腹が弱いので、極力冷たい物は避けるんですが、家に居るから万が一痛くなってもいいでしょう。お菓子は、頂き物のびわケーキ。

      090814_162726.jpg  090814_162402.jpg

紅茶と本があれば、家に篭りっきりでも退屈はしないので、のんびりした4日間になりそうです。
entry_header

染付展

上野の東京国立博物館で「染付 藍が彩るアジアの器」展が開催中です。中国の元時代後期に技術、様式が完成した染付。中国から、ベトナム、朝鮮、日本と伝わり、各国で素晴らしい焼物がつくられました。

     090808_065237.jpg 9月6日まで開催中です

染付というのは日本での呼び名で、中国では青花、韓国では青華、ベトナムがホアラム、そして英語がブルー・アンド・ホワイトです。染付というより英語名の方が馴染みがあるかもしれません。
白磁に画かれた様々な文様は、一見同じに見えますが、お国柄が現れていて、それぞれに味わいがあります。私は今月初めに行ってきたのですが、まだ行っていないスタッフは、サロンの夏休み中に観賞してくるそうです。



entry_header

外出時の必需品

今朝の地震にはビックリしました。怪我をされた方も多いようで、復旧作業が早く進むといいですね。
台風で被害にあったり、地震がきたりと自然災害はほんとうに恐ろしいです。

雨続きで蒸し暑い日が続いています。水分補給がかかせません。外出先でも手軽に、美味しく紅茶が飲める優れものが、トラベルティーサーバー。水出し紅茶が簡単に作れます。

         090807_073459.jpg  飲み頃までもう少し

今日のお供は、少し贅沢をしてダージリンセカンドフラッシュ。水出しでもしっかりと味が出ます。もちろん香り立ちも抜群です。キャップを外すと、ふわっと甘~い香りが漂います。まずは香りを吸い込んで、それから一口。熱さも疲れも一瞬忘れてしまいます。
entry_header

セカンドに合うのは?

一歩も外に出ないで、家に引きこもってのんびりしてました。お休みの日は、好きな時にお茶が飲めるのがいいです。
お気に入りのカップを用意して、ダージリンセカンドフラッシュを淹れました。味も香りも濃厚な今年のセカンド。合わせるスイーツが悩みの種です。今日は、かなり甘い抹茶黒蜜月餅を用意しました。

          090809_210342.jpg090809_210240.jpg

月餅を一口食べてお茶を飲むと、甘さが引いていき口の中にセカンドが広がっていきます。まったく負けていません。さすがです。
美味しくいただけましたが、百点の組み合わせではないので、まだまだ試行錯誤が続きます。



entry_header

アイスティー

暑い日の昼下がり、キラキラと輝くアイスティーで喉を潤せたらいいですよね。美味しいアイスティーをいただくために、マスタークラス「徹底検証アイスティー」では様々な検証を行いました。まずは、基礎知識の復習からスタート。レジメにちょっとした問題が用意されていて、いきなり緊張感が走ります。すぐに書き込みを始める方、しばし考えこむ方と様々です。口では説明できるのに、文章で上手く表現ができなかったり。それぞれが悪戦苦闘されていました。

     090808_160655.jpg 090808_154947.jpg 090808_153445.jpg

自分の好きな産地の紅茶で作れればいいのですが、残念ながらアイスティーにはむかない産地もあります。また、茶葉とお湯でできあがるとってもシンプルな飲み物ですので、お水の影響もとても大きいです。
今回の講座は、いままで学ばれたことの復習になったのではないでしょうか。知識の確認が済んだらいよいよ実践です。「同じテーブルの人と交換できるように、上手に淹れてね」なんて言われて、プレッシャーを感じてしまったかも。

     090808_164315.jpg 最後は和気藹々とティータイム

ドキドキしながらの実習も無事に終わり、ほっとしながらのお茶の時間。みなさん美味しく淹れてらっしゃいましたが、ご自分なりの反省点や課題を話されていました。つぎに淹れる時は、きっと今日以上のお味になるでしょう。

side menu

side_header

プロフィール

☆yoshiko☆

Author:☆yoshiko☆
平日はOL、週末は紅茶教室のスタッフをしています。
一杯の紅茶から引き込まれ、いつの間にか身の回りには紅茶関連グッズが溢れています。
それでももっともっと知りたい紅茶の世界。
ますます引き込まれていきそう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。