2008-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

去年のお味

サロンで売れに売れているのが、ダージリンファーストフラッシュです。昨日、お持ち帰りをしようと思っていたのですが、在庫が少なすぎて「ダメよ」と言われてしまいました。代わりに昨年ファーストをお持ち帰り。
去年も感激しながら飲んだ事を思い出しながら、早速淹れてみました。

          20080421023517.jpg

水色は淡いオレンジ色です。香りは若草のよう。やはり美味しいです。
でも、出来立てのフレッシュさを味わってしまった後では、負けてるなと思ってしまうんです。その年、その年の美味しさがあります。紅茶も農作物ですから、次の年は違う味に出会うことになります。残念でもあり、楽しみでもあります。そして今年は、格別に美味しいような気がします。
スポンサーサイト
entry_header

マイブーム

最近ちょっと気になる一家があります。ヨーロッパの名門ハプスブルク家。マリー・アントワネットのご実家です。約700年にわたって、ヨーロッパ史の表舞台に在り続けた王朝です。
本屋さんを覗くと、関連書籍は山ほどあります。読みやすそうな本を何冊か買ってきました。

     20080421024817.jpg

基礎固めをするには、楽に読めるものがいいですね。更に詳しく知りたくなったら、ちょっと難しいものとレベルアップしたほうが、理解度も深まる気がします。図解雑学シリーズは、読みやすいです。
講談社現代新書には、タイトルに「ハプスブルク」と付くものが6冊ほどあるようです。在庫があった「ハプスブルク家」「ハプスブルク家の宮殿」を購入しました。
entry_header

お夜食みたい

ちょっとお腹が空いてしまったので、くるみ入りパンをつまみながらティータイムです。お皿に乗るように、小さくカットしてみました。
紅茶はディンブラをストレートでいただきます。

20080421024436.jpg

こんな時間にパンなんて食べていいの?お菓子よりはカロリーは少ないから大丈夫よ。自問自答です。もっと早い時間にゆっくりとティータイムがもてるといいんですが、平日は遅い時間になってしまいがちです。
お茶がすんだら、寝る前にもうひと頑張り。片付け物をして、明日の準備もしないと。手早く済ませて休みましょう。
entry_header

マイセン展

横浜そごうで始まった、マイセン展に行ってきました。会場に入ると、カップ&ソーサーがずらりと並んでいました。どのカップでお茶をしようかしら、あの薔薇柄もいいけどこっちのカップにはすみれが描いてあるからこっちのほうがいいかしら。それとも・・・マイセンのカップはまだ持っていないので、妄想が広がっていきました。
素敵なものが溢れていたんですが、その中でも一番惹かれたのがバナナを描いたモカカップ。何故か目が釘付けになってしまいました。バナナが一本と、お花が描いてあります。いがいとリアル。でも可愛い。ピンクの薔薇柄カップにずっと憧れてましたが、バナナもいいかも。欲しいものリストに載ってしまいました。
entry_header

すみれ

毎年咲いているすみれがありました。道端にひっそりと咲いているんですが、濃い青紫色でとても美しいんです。見るたびに摘みたい衝動に駆られるほどです。このカップと同じぐらい綺麗です。

     20080421023929.jpg


2年ほど前だったでしょうか、草刈をしている人を見たのわ。花の時期は終わっていたので、その人には雑草にしか見えなかったのでしょう。抜かれてしまいました。「それ、すみれです!」と言いたかったのですが、我が家の敷地でもないので、黙って通り過ぎました。
今、また咲いています。ほんの5輪ほどですが。あんなに小さくて、可憐な姿なのにけっこうたくましいのねと、嬉しくなってしまいました。2~3年たったら、以前と同じぐらい沢山咲いてくれるかも。今年は抜かれないことを祈ります。
entry_header

ブランチ

予定のない日曜日は、なかなかお布団と別れられません。目が覚めても暫くはゴロゴロして、ゆっくりと起きだします。窓を開けて、ちょっとお部屋の中を整えたらキッチンへ。お湯を沸かしながら、お茶と食器を選びます。今日はディンブラをミルクティーにして、イズミさんのスコーンでブランチです。

     20080413133804.jpg


昨日、沢山頂いたので欲張ってお皿に盛ってしまいました。真ん中の黄色いのはかぼちゃ。噛んでいるうちにかぼちゃの味がじんわりと広がってきました。全粒粉の素朴な味わいもいいし、抹茶の緑は色が綺麗。食がすすみます。写真に写っているものは、しっかりお腹に収まりました。

entry_header

お楽しみの時間

サロンでの夜お茶は、週に一度のスペシャルな時間です。スタッフ同士、夕方からコソコソと打ち合わせをすることも。実は今日もあいちゃんと二人で、「ハドンフォールなお茶」にしようと話していたのですが、できあがったテーブルは全く違ったものになっていました。
最後の最後までポットが決まらず、「お湯入れたよー」とキッチンから叫ぶと銀のポットが登場しました。途中で席を立たなくてもいいように、6杯分を濃い目に用意してミルクティーにしました。

    20080412211604.jpg 大人可愛い感じ?

丸いチョコレートの盛り付けは、あいちゃんの力作です。配色にもこだわってセッティングされています。
20080412210956.jpg20080412210935.jpg

洋食器のレッスン後のティータイムだったので、話題は食器の事に集中しました。興味の対象が同じ者同士のおしゃべりは、楽しくてきりがありません。お茶もすすみますし、妄想も広がります(笑)
来週は、どんなティータイムになるでしょう。


entry_header

シンプルな美しさ

どちらかというと、華やかな物が好きです。ティーカップも金彩があってキラキラしていると、うっとりしてしまいます。そんな私の心をしっかりと掴んだ、シンプルなデザインがアウガルテンのスモールローズです。美しい白磁に控えめに画かれた小さな薔薇。可憐で清楚な姿に惹きつけられました。

20080414012456.jpg20080414012549.jpg

派手さはないのですが、何故か人目を惹きつける力があるような気がします。ハプスブルク家に愛された窯ですから、洗練された気品のようなものを備えているのでしょうか。
もしも私が19世紀に生まれていたとしたら、決して手にすることはできなかったであろうこのカップ。現代に生まれてよかったとつくづく思うティータイムでした。
entry_header

春の贅沢

今の時期私にとっての一番の贅沢は、ダージリンファーストフラッシュを水出しでいただく事です。勿体ないなという気持ちもありますが、年に一度のお楽しみです。

         20080412070901.jpg


前の晩に準備をしておけば、翌朝にはできあがっています。キャップを開けると、しっかりとダージリンの香り。朝から幸せな気分につつまれます。
バックに入れて出勤すれば、行き詰った時、イラッときた時、頑張るぞ!と気合を入れる時にまずは一口。心も落ち着きます。
もちろんゴールデンルールにそって、きちんと淹れたお味にはかないませんが、時にはこんな楽しみ方もいいかなと思います。

entry_header

ファーストを味わう

待ちに待ったダージリン・ファースト・フラッシュを、今日は自宅でいただきました。新茶を開ける日は、私にとってはイベントです。カップ選びにも気合がはいります。

    20080406145211.jpg ミントンのSpring Valley

冬の初めに私のところにやってきたカップ。春になるのをずっと待っていました。やはり最初は春のお茶をいれるのが一番ふさわしいかしら。


    20080406145508.jpg

えりちゃんから、アウガルテンのモカカップで飲んだと聞き、カップを一つに絞れずにこちらにもそそいでみました。1人で飲むのに、カップが二客。私っておバカかしら?

茶殻の香りも存分に嗅ぎ、台所でうっとり。軽やかな味わいなのに、お口の中いっぱいに残る余韻。ダージリンって本当に凄いなと思います。








entry_header

パーティーのレッスンは華やか

ベーシッククラス「ティーパーティーの開きかた」から始まった今日のレッスン。アフタヌーンティーの歴史などをお話して、最後には全員でティーブルを整えてティータイムになります。こちらのレッスンは実習がなく、講師がお茶を淹れて生徒さんに飲んでいただきます。

    20080405114228.jpg


準備が整ったテーブルに、写真を撮らなくてはと皆さんカメラや携帯を構えて、カメラマンに変身していました。私も混ぜて頂き、しっかり撮影しました。一番夢中になっていたのは私かもしれません。
お茶は、今サロンで一番人気といえる「ダージリン・ファースト・フラッシュ」を飲んでいただきました。カップにそそがれた淡い色合いに驚かれ、またお味も今まで飲んだ事がない味わい。とっても美味しいと満足していただけたようです。
entry_header

お花見

桜の花びらがはらはらと舞ってます。お花見にはいかれましたか?私は毎日お花見をしています。通勤中の車窓からですが。いつもは本を読んでいるんですが、この時期だけは窓の外を眺めています。
葉桜になってきているところるあるようですが、車窓からでは距離があるのでまだまだピンク色の景色が楽しめます。桜以外にも、菜の花の黄色も綺麗です。

20080405064555.jpg  庭の片隅で咲いているスミレ

我が家は、スミレが可憐に咲いています。種が飛んだのか、新たな場所に咲いていました。毎年少しずつ増えていったら嬉しいですね。
entry_header

サロンお茶

        20080329180805.jpg


写真は、先週の土曜日のサロンでのティータイム。ゆきちゃんがお茶の用意をしてくれました。銀のティーポットにアウガルテンの食器を用意していたので、テーブルのお花もゴージャスなものに取り替えてみました。春らしいピンク色のケーキといちじくのゼリーをいただきました。
なんとも贅沢で、優雅なひと時。サロンでのこういう時間は、貴重なリフレッシュタイムでもあり、お勉強の時間でもあります。お茶とスイーツの組み合わせ。食器のセレクト。いろいろ学ぶ事が多いです。
entry_header

家お茶

夜遅くに、ひっそりとお茶をすることが多い日々。お菓子はなるべく我慢です。今夜は、お菓子が何もなくて、でもちょっと甘いものが欲しかったので、お砂糖入りのミルクティー。

         20080325233611.jpg

高温殺菌の牛乳しかなかったので、サロンで飲むミルクティーよりも少し濃厚な味わい。使う茶葉は同じでも、ちょっと条件が変わると味に変化が。サロンと自宅では、お水の硬度も違うのでこういったことも影響しているのでしょう。
一番違うのは、インテリアですけど。サロンは癒されます。

side menu

side_header

プロフィール

☆yoshiko☆

Author:☆yoshiko☆
平日はOL、週末は紅茶教室のスタッフをしています。
一杯の紅茶から引き込まれ、いつの間にか身の回りには紅茶関連グッズが溢れています。
それでももっともっと知りたい紅茶の世界。
ますます引き込まれていきそう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。