2017-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

読書の友

例えば、雨が降っていて予定のない休日なんていうのは、私にとっては絶好の読書日和です。じっくりと腰をすえて、ハードカバーの本などを読みふけります。読み始める前には、紅茶を淹れて、ちょっとつまめる物も忘れずに用意します。もう一つ忘れてはいけないのが、「栞」です。移動中に読む本は、本に挟まっていた紙の栞を使っていますが、家での読書となると、お気に入りを出してきます。

     100707_015500.jpg100707_015416.jpg

上の写真は、自宅用の栞たち。みんな頂き物です。昨年の誕生日にスタッフ仲間から貰った梅柄の栞は、柄もお気に入りですが、一番気に入っている理由は房です。大好きなピンクというのが決めてです。プレゼントする側もそれが決めてだったそうです。できればいつでも使っていたいんですが、バックに入れて持ち歩くと房が痛みそうで、怖くてできません。綺麗なので、普段は飾ってあります。
たまえ先生から台湾土産で頂いたチャイナドレス型。布地なので、折れてしまうのがいやで、自宅専用となっています。本を読みつつ撫でてみたりして。こんなスタイルだったらいいな~と。

     100707_015551.jpg100707_015311.jpg

左の写真は、内外兼用のもの。カップ型とその上は、実はクリップです。可愛いので栞として使っています。
外に持っていく本には、少しおめかしをさせます。文庫と新書にはブックカバーをかけてあげます。右の写真が文庫本用のブックカバーです。ピンクにハートとちょっとラブリー過ぎる感はありますが、可愛いもの好きの愛ちゃんには、好印象でした。カップ柄の方は、紅茶関係の本を読む時に使ってます。新書用が、だいぶくたびれてしまったので、新しいものを探しています。素敵な出会いは何時かしら?
スポンサーサイト
entry_header

やっと

以前ご紹介した、NHKカルチャーラジオ文学の世界「ジェイン・オースティンとイギリス文化」。本日は第三回目「オースティンの手紙」でしたが、やっと聴く事ができました。はりきってテキストを購入したにもかかわらず、前2回は仕事が終わらず聞き逃していたんです。今日は、念のためテキストと携帯ラジオを持ってきたんです。帰宅途中にお茶しながら聴いていました。

     100416_040853.jpg 100416_040737.jpg

オースティン作品も、やっと長編を3篇読み終わり次に進みたいのですが、次に読みたい「エマ」の上巻が売り切れ。お取り寄せをお願いして、下巻だけ買ってきました。月曜日に入荷するので、それまで他の本を読んでいましょう。
entry_header

ラジオ講座

NHK第2のカルチャーラジオで、4月から「ジェイン・オースティンとイギリス文学」という講座が始まります。現在オースティンブーム中の私。さっそくテキストを購入してきました。
「高慢と偏見」「ノーサンガー・アベイ」を読み終わり、これから「分別と多感」にとりかかるところです。こちらは、映画「いつか晴れた日に」の原作です。翻訳物は訳者の方により微妙なニュアンスの違いがあるのが面白いところですが、自分に合わないと読みにくかったりすることも。「ノーサンガー・アベイ」のほうが読みやすかったので、同じ訳者の方の物を読んでみることにしました。ちょっと厚いのですが、文庫本なので通勤時に読むには便利です。

     100331_004423.jpg 100331_004540.jpg

第一回の放送は、4月1日木曜日の午後8時30分からです。興味のある方、一緒に聞いてみませんか?
entry_header

オースティンの世界

先日、映画「ノーサンガー・アビー」を観たら、無性に原作が読みたくなり本屋さんへ。「プライドと偏見」の原作「高慢と偏見」も合わせて買ってしまいました。映画を先に観ているので、読んでいると自然に俳優さん達の顔や場面が思い起こされ、より深く物語の世界へ入り込めるようです。映画では描ききれない登場人物の細やかな心情も解り、楽しく読み進めています。普段は恋愛小説は読まないので、ちょっと新鮮な気分です。
作者のジェーン・オースティンは、6編の長編小説を残しているので、全編読破をしようかなと目論んでいます。お洋服やインテリアの描写や、お茶のシーンなど興味を引かれる箇所も多々あるので、多少時間はかかってもなんとかなるかな?

     100318_004318.jpg
     100318_001412.jpg  100318_001144.jpg

読書をしながらのティータイムには、片手でつまめるお菓子がピッタリです。今日のマドレーヌとブラウニーはシュークリーさんのもの。焼き菓子も美味しいです。買い置きできるのがいいですよね。本に気をとられてうっかり粗相をしてしまっても大丈夫なように、ランチョンマットはビニールコーティングされているものを敷きました。汚してしまっても、さっと拭けるのでとっても便利です。「ノーサンガー・アビー」の主人公キャサリンも読書好き。熱心に小説を読んでいます。同じ趣味だと、勝手に盛り上がっています。


entry_header

日本オーストリア交流年

今年は、オーストリアと修好通商航海条約を締結して、140年目の年です。芸術、観光、経済と色々な面で両国間の交流イベントが開催されるようです。140年前というと、日本は明治2年。オーストリアは皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇妃エリザベートの下「オーストリア・ハンガリー二重帝国」時代です。ヨーロッパ随一の美妃といわれたエリザベートの肖像画が日本にやってきます。9月25日から、国立新美術館で開催される「THEハプスブルク」展で見ることが出来ます。ハプスブルク家ゆかりの名品を中心に約120点という大規模な美術展だそうです。今年の初めから楽しみにしていた美術展の一つなので、開催まで一ヶ月をきり、私の中ではかなり盛り上がってきました。予習の為に、ハプスブルク家関係の本を読んでいます。
     20080421024817.jpg  090830_011802.jpg

別冊歴史読本から「THEハプスブルク王家 華麗なる王朝の700年史 」が発売中です。絵や写真が多いので理解度が深まります。表紙の少女はマリア・テレジア。利発そうですよね。すでに王者の風格が漂っていて、娘マリー・アントワネットとの格の違いを感じさせます。

side menu

side_header

プロフィール

☆yoshiko☆

Author:☆yoshiko☆
平日はOL、週末は紅茶教室のスタッフをしています。
一杯の紅茶から引き込まれ、いつの間にか身の回りには紅茶関連グッズが溢れています。
それでももっともっと知りたい紅茶の世界。
ますます引き込まれていきそう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。