2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

染付展

上野の東京国立博物館で「染付 藍が彩るアジアの器」展が開催中です。中国の元時代後期に技術、様式が完成した染付。中国から、ベトナム、朝鮮、日本と伝わり、各国で素晴らしい焼物がつくられました。

     090808_065237.jpg 9月6日まで開催中です

染付というのは日本での呼び名で、中国では青花、韓国では青華、ベトナムがホアラム、そして英語がブルー・アンド・ホワイトです。染付というより英語名の方が馴染みがあるかもしれません。
白磁に画かれた様々な文様は、一見同じに見えますが、お国柄が現れていて、それぞれに味わいがあります。私は今月初めに行ってきたのですが、まだ行っていないスタッフは、サロンの夏休み中に観賞してくるそうです。



スポンサーサイト
entry_header

ウェッジウッド展

今日からそごう美術館で始まった「ウェッジウッド展」に行ってきました。仕事帰りに行ったので、とても空いていてほぼ貸切状態でした。

                090201_011852.jpg

入るとジョサイア・ウェッジウッド一家が描かれた絵が飾られていて、それを見ただけで興奮状態。「ポートランドの壺」や「フロッグ・サーヴィス」などが次々と現れハイテンションで観ていました。一緒に行った妹は、陶芸が好きなせいか「陶工用スツール」「回転台」に大興奮でした。
素晴らしい作品が沢山展示されていますが、なかでもジャスパーで作られた「ハイヒール」は、ため息が出る美しさでした。どんな方が履かれたのか、そして何処へ履いていったのでしょう。いろいろ気になりました。


entry_header

フェルメール展

会社へ行くより早起きをして、フェルメール展に行ってきました。開館20分前に着き並んでいると、どんどん列が伸びていきました。みなさん、早起きなんですね。8時55分に門が開きやっと中へ。チケットを買い、音声ガイドを借りて会場へ入りました。入り口付近は込み合っていましたが進んでいくうちに、徐々に人も散りゆっくりと観て行く事ができました。
フェルメールの作品のところでは、多少混雑していましたが、少し待てば正面からじっくりと観賞できました。光の画き方が素晴らしいので、全体が柔らかく、優しい雰囲気の作品を観ていると、穏やかな気持ちになってきます。7点出品されているのですが、「小路」という風景画と、「手紙を書く婦人と召使い」が印象に残りました。

     080825_000817.jpg  図録を購入しました

フェルメールの作品は37点しか存在していなくて、風景画は2点しかないそうです。この展覧会では、一度に7点も観られるんですから、ファンが殺到して混雑もするはずです。
外に出ると、入り口はとっても込み合っていて、早起きして良かったと思いました。
 


entry_header

友人宅へ

今日、明日と夏休みです。今日は楽しい予定がはいっていました。紅茶仲間のけいちゃん宅にお呼ばれです。会うのはとっても久しぶり。今回の訪問は、けいちゃんいに会うのは勿論ですが、可愛い可愛いお姫様にやっと会えるという嬉しい日なんです。「娘に会いに来てね」とずっとお誘いを受けていたのになかなか叶わず、今日をむかえました。とてもチャーミングな姫で、連れて帰りたくなってしまいました。
一緒にランチを頂いた後は、おままごとの道具を出してきてお茶を淹れてくれました。ポットから「ジャー」とマグカップに注ぎ、プレートに載せて「どうじょ」と手渡してくれるのです。教えたわけではないそうなので、ママがしている事を見て自然に覚えたのでしょう。大きくなったら、ぜひ本当の紅茶を淹れてもらいたいです。

        080818_144156.jpg      080818_144051.jpg

姫様お昼寝の間に、ダージリンセカンドフラッシュとカップケーキでティータイム。青い鳥がかかれたアンティークカップを使わせてもらいました。薄いので口にピタッとフィットして、心地よい飲み口でした。


entry_header

浮世絵

横浜は、来年の6月に開港150周年を迎えます。これから色々な行事も行われていくようですが、今月末までそごう美術館で「横濱開港150周年 横浜浮世絵にみる横浜開港と文明開化」展が開催中です。
       080816_223422.jpg

開港前は半農半漁の小さな寒村だった横浜が開発されていく様を、初代イギリス駐日公使オールコックは、「魔法使いの杖の一振り」と表現したそうです。今の私たちが感じる以上に、当時の人々にとっては信じられないほどの変わりようだったのでしょう。
そんな横浜にやってきた、イギリス人、フランス人、アメリカ人、オランダ人などの風俗が画かれているのですが、お国柄の違いがしっかりと現れていました。
閉館45分前に入ったので、あまりゆっくりと見れなかったので図録を購入しました。展示されていた浮世絵は80点なんですが、図録には36点しかのっていないのが残念でした。お茶を飲んでいる姿が描かれたものもあったんですが、これものっていませんでした。つくづく残念です。

side menu

side_header

プロフィール

☆yoshiko☆

Author:☆yoshiko☆
平日はOL、週末は紅茶教室のスタッフをしています。
一杯の紅茶から引き込まれ、いつの間にか身の回りには紅茶関連グッズが溢れています。
それでももっともっと知りたい紅茶の世界。
ますます引き込まれていきそう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。