2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

銘窯の歴史

本日からスタートの、マスタークラス「リチャードジノリ~基本編」に合わせてディスプレイしてあるサロンでは、生徒様がせっせと撮影をされています。
人気の「イタリアンフルーツ」のコーナは、小物類も飾ってあるので可愛らしい感じです。ぜひ注目していただきたいのが、壺に描かれているスイカ。正面にくるように飾ってありますので、目に留めてください。


     100717_190916.jpg100717_191053.jpg

ジノリというと、とても永い歴史をもった窯。創業家であるジノリ家の当主たちの人生を振り返りつつ、代表作も鑑賞していただくという、濃い内容です。歴史をみていくことで、改めてジノリの奥深さなどもご理解いただけると思います。洋食器系のレッスンは、物欲を刺激されることがあるので帰りにデパートに寄る際は、注意してください。

     100717_190853.jpg100717_190836.jpg

「カポディモンテ」という、素晴らしい作品も飾ってありますので、ぜひじっくりとご覧になっていって下さい。非常に細かい絵付けがされています。こちらは、お写真を撮るだけでなく、肉眼でよ~く見ていただきたいです。

ティータイムは、もちろんジノリの食器で。皆さん席を立たれて、お互いに撮りっこしてました。一番の人気者はピノキオでした。こらから参加される方には、どれが気に入っていただけるのかしら?


スポンサーサイト
entry_header

優しい大工さん

昼間ちょっとサロンを抜けて、建設現場へ行ってきました。工事は着々と進んでいて、先週は付いていなかったドアが付いていたり、塗装も始まっていたのでペンキが塗られたとこをは雰囲気が変わっていたりと、どこを見ても大興奮。お仕事の邪魔をしないように気をつけつつ、あちこちでシャッターをきってました。、ノブがとっても素敵だったのでこれもパチリ。2階で作業をされていた大工さんに声をかけ、近くで見学していたところ、「写真が撮りたいでしょうから、今から付けてあげますね」と、マントルピースの取り付けをしてくれました。

100717_135608.jpg100717_141222.jpg

しっかりと固定すると、脚立や設計図をはずしてくださったので、写真が沢山撮れました。お仕事を中断していただいて、恐縮です。
現場に居ると、暑さと時間を忘れてしまいます。ふと気づけばそろそろ帰らないといけない時間。碧先生たちが待っているサロンへ、一目散で戻りました。

entry_header

タイルが到着

朝から太陽がギラギラしていましたが、掃除、洗濯、をするにはもってこい。窓を全開にして掃除機をかけたら、気分も爽快。洗濯物も、すっきり乾きそうです。
今日は、嬉しいお出かけがありました。碧先生のご主人が建設現場に行くので、一緒にどう?と、誘ってもらったんです。まだ、中には入った事が無かったので、喜んで同行させてもらいました。

     100710_124948.jpg 100710_124801.jpg
 
煉瓦が貼られ、素敵な窓枠が付き、すっかり家の形になっているので、今後の工程を聞くと妄想が広がっていきます。外には、まだ沢山の煉瓦が置いてあったので、ちょっと持ってみたらずっしりと重かったです。
  
     100710_124912.jpg そして今日、新たに到着したのがタイル

山と積まれたタイルが入った箱を前に、好奇心が押さえられずに、ちょっと蓋を開けてしまいました。これからタイル屋さんは大変な作業になるようですが、私たちは完成がたのしみです。これからは、どんどん作業が進んでいくので、次に行った時にはどうなっているのか。考えただけでワクワクしてきます。



entry_header

読書の友

例えば、雨が降っていて予定のない休日なんていうのは、私にとっては絶好の読書日和です。じっくりと腰をすえて、ハードカバーの本などを読みふけります。読み始める前には、紅茶を淹れて、ちょっとつまめる物も忘れずに用意します。もう一つ忘れてはいけないのが、「栞」です。移動中に読む本は、本に挟まっていた紙の栞を使っていますが、家での読書となると、お気に入りを出してきます。

     100707_015500.jpg100707_015416.jpg

上の写真は、自宅用の栞たち。みんな頂き物です。昨年の誕生日にスタッフ仲間から貰った梅柄の栞は、柄もお気に入りですが、一番気に入っている理由は房です。大好きなピンクというのが決めてです。プレゼントする側もそれが決めてだったそうです。できればいつでも使っていたいんですが、バックに入れて持ち歩くと房が痛みそうで、怖くてできません。綺麗なので、普段は飾ってあります。
たまえ先生から台湾土産で頂いたチャイナドレス型。布地なので、折れてしまうのがいやで、自宅専用となっています。本を読みつつ撫でてみたりして。こんなスタイルだったらいいな~と。

     100707_015551.jpg100707_015311.jpg

左の写真は、内外兼用のもの。カップ型とその上は、実はクリップです。可愛いので栞として使っています。
外に持っていく本には、少しおめかしをさせます。文庫と新書にはブックカバーをかけてあげます。右の写真が文庫本用のブックカバーです。ピンクにハートとちょっとラブリー過ぎる感はありますが、可愛いもの好きの愛ちゃんには、好印象でした。カップ柄の方は、紅茶関係の本を読む時に使ってます。新書用が、だいぶくたびれてしまったので、新しいものを探しています。素敵な出会いは何時かしら?
entry_header

普段は常温で

顔見知りの人と会うと、第一声が「暑いですね~」となってしまいます。今日も郵便局で馴染みの局員さんとこんな挨拶を交わし、お互いに苦笑い。出かけて帰ってくると、身体が水分を欲しています。キンキンに冷えた冷たい飲み物をいっきに飲み干したい。そんな衝動に駆られます。が、それは私にとって非常に危険な行為。何故なら、腸がとっても弱いから。外食で飲み物を頼む時は、「氷抜きでお願いします」を忘れません。先日、うっかり忘れたら、オーダーをとった方が戻ってきて「氷抜きですよね」と確認されました。周りの人たちも色々と気遣いをしてくれるので、ありがたいです。

     100707_001630.jpg100409_032545.jpg


こんな私の夏の必需品が、常温の水出し紅茶。ホットティーではゴクゴク飲むことができないので、水出しがかかせません。
今日は、さっぱりと飲めるウバで作りました。

side menu

side_header

プロフィール

☆yoshiko☆

Author:☆yoshiko☆
平日はOL、週末は紅茶教室のスタッフをしています。
一杯の紅茶から引き込まれ、いつの間にか身の回りには紅茶関連グッズが溢れています。
それでももっともっと知りたい紅茶の世界。
ますます引き込まれていきそう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。